TOPへ

TOPへ

お子様に多い皮膚疾患
child's skin disease

小児皮膚科について

お子様の皮膚の様子をよく観察する

小さなお子様は、自分の症状をうまく言葉で伝えられないことが多く、そのため症状に気づいた時には、ひどい状態になっているケースもしばしばです。
保護者など、近くの大人がお子様の皮膚の様子をよく観察し、少しでも違和感を覚えたら、早めに受診なさるようにしてください。


お子様の皮膚バリアを整える

皮膚には、外界からの異物の侵入や攻撃から体を守り、その一方で体内から水分が蒸散するのを防ぐというバリアの役割があります。この大切な役割を担っているのは、表皮のいちばん外側で外界と接している角層です。
子どもの皮膚は角層が薄く、また皮脂の分泌量が不安定なことからバリア機能がまだ不十分です。そのため、些細なことでかぶれが生じたり、細菌やウイルスに感染したりするなど、皮膚トラブルが生じやすいものです。それだけに、しっかりとスキンケアをして皮膚バリアを整えることが、子どもの皮膚の健康を守るためには大切です。
お子様のスキンケア法についてもアドバイスいたします。

お子様に多い皮膚疾患

おむつかぶれ

尿や便に含まれるアンモニアや酵素などに皮膚が刺激され、おむつの当たるところに赤いブツブツやただれが生じます。痒みや痛みを伴い、悪化すると血がにじんだりもします。 おむつかぶれの際は洗面器にぬるま湯を張っておしりをよく洗い、亜鉛華軟膏やワセリンを塗ります。 症状がひどいような場合は、弱いステロイド外用剤を塗ったりもします。 おむつに覆われる部分は、カンジダ皮膚炎という、カビによる別の疾患も起こりやすいので、きちんと診断することが重要です。

乳児脂漏性皮膚炎

乳児の脂漏性皮膚炎は、この世に誕生した新生児に、マラセチア(でんぷう菌)という皮膚の常在菌が初めてくっつくことによって、起こる反応ではないかと推測されています。 おでこや頭部、耳の周辺、股部、わきの下など、皮脂線の多い場所にできやすいものです。多くは生後3か月ころを過ぎると自然に治ります。炎症が強い場合は短期的にステロイド外用剤を用います。 (長引く場合は、もしかするとアトピー性皮膚炎かもしれません。)

汗疹(あせも)

汗疹とは、汗をたくさんかいた後に、皮膚に細かい水ぶくれやブツブツが現れる皮膚トラブルで、汗をかきやすい夏に多く、小児に発症しやすい疾患です。汗疹自体は、ほぼ無症状で自然治癒するのですが、これに湿疹が加わると、いわゆる痒い「あせも」です。スキンケアをきちんと行い、かゆみがある場合はステロイド外用剤を用います。掻いて悪化している場合は、抗ヒスタミン剤内服も用います。

伝染性膿痂疹(とびひ)

黄色ブドウ球菌や化膿性連鎖球菌による皮膚の感染症です。菌が産生するexotoxinという毒素のせいで、皮膚が破れてしまいます。掻きむしった手を介して、みずぶくれがあっという間に全身へと広がる様子、が火事の火の粉が飛び火する様に似ているため、「とびひ」と呼ばれます。 もともと湿疹があったり、乾燥肌だったりすると、広がりやすいです。 とびひの治療で重要なので、きちんと洗うことと、ガーゼで覆うことです。ばい菌は洗い流すのが一番です。(お風呂がダメという指導は間違いです。) 薬物治療は、軽症であれば、抗菌作用のある外用剤となります。体にびらんが多い場合は抗生剤の内服治療を行います。かゆみを伴っていることが多いので、抗ヒスタミン剤内服を出すこともあります。
時に、耐性菌(MRSA)によるとびひがあります。細菌培養の検査を行い、有効な抗生剤内服を併用します。

小児アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、良くなったり悪くなったり慢性に経過する乾燥性の皮膚炎で、年齢ごとに特徴的な出現部位があります。乳児期は、顔面のじゅくっとした湿疹から始まり、頸部、胸まで拡大していきます。幼児~小学生のころは、乾燥症状がメインで膝やひじなどの関節部が痒くなります。思春期になってくると、痒疹結節という痒いしこりができたり、苔癬化といって皮膚がごわっと硬くなってしまったりします。
アトピー性皮膚炎になぜなってしまうかについては、遺伝的な要因や、環境によるものなど、複数の原因があると考えられます。アトピー性皮膚炎の人の皮膚は、バリア機能が低下していて、外界からの刺激を受けやすく、アレルギー反応を容易に引き起こします。
この疾患は治りません。治らないと聞くと、悲しくなり諦めたくなるかもしれませんが、大事なのは、肌を早くいい状態にして、いい状態をなるべく保つことです。
肌をいい状態にするためには、まずはステロイド外用剤やタクロリムス外用剤です。これらで炎症を抑えます。もともとの弱い肌(バリア機能が低下した状態)を守るために保湿剤の使用も欠かせませんし、入浴などの習慣を見直してもらうこともあります。掻くことで肌の状態は悪くなるので、搔破をやめさせること、かゆみを抑えることが大切です。抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤の内服をもちいたり、衣類や特殊な包帯などで工夫したりします。一人一人のお子様の性質に合わせて、苦痛のない治療法を一緒に探していきましょう。
小児のアトピー性皮膚炎と食物アレルギーは、強い関連はありますが、別の疾患です。合併しているお子様が多いので、混乱をきたしています。食物アレルギーは、消化管からではなく、皮膚からアレルギーを取得することがわかってきています。つまり、乳幼児期の肌の状態がよいと、食物アレルギーをふせげます。赤ちゃんのほっぺががさがさしている場合、どの食べ物が悪いのかしら?と心配になる気持ちもわかりますが、まずは早く治療を開始しましょう。

伝染性軟属腫(みずいぼ)

伝染性軟属腫ウイルスによる皮膚感染症です。小さなドーム状の丘疹で透明感があります。多発することがあります。敏感肌やアトピー性皮膚炎の患者さんは、皮膚のバリア機能が低下しているので広がりやすいです。
多くは小学生から中学生にかけて、自然に消えます。(最近の小児科医は、自然に治るのを待つことを推奨しています。) ただし、前述のように、アトピー性皮膚炎などの場合、広がってしまいます。広がる前に取ってしまうという考え方もあります。専用のピンセットで一つずつ摘み、内容物を出します。摘み取る時の痛みに対して、麻酔のテープ(リドカインテープ剤)を用いることもあります。 プールの水を介しては移りませんが、ビート板、浮き輪を介して移ることがあります。

いぼ(尋常性疣贅)

ヒトパピローマウイルス(HPV)による感染症です。手や足の裏によくできます。うおのめと間違われていることもあります。(小児の柔らかい足の裏にはうおのめはできません。) ウイルスは健康な皮膚からは感染しませんが、小さな傷口があるとそこから感染します。そのため、足の裏や、指に多いのです。 治療は、液体窒素で凍らせる凍結療法がメインとなります。ヨクイニン(ハトムギの種皮を剥がした天然の成熟種子)の内服が効く場合もあります。活性型ビタミンD3外用剤が効くこともあります。 1回で治し切ることは難しく、多くは何回か治療を繰り返します。

手足口病

口の中や手足などに小水疱が生じる感染症です。原因ウイルスは、コクサッキーA16やエンテロ71などです。症状としては、感染してから3~5日後に口の中、手のひら、足の裏や足背などに2~3mmの水疱が現れます。発熱は約3分の1に見られますが、ほとんどはあまり高くなりません。
特効薬は無く、特別な治療法もありません。経過を観察しながら、症状に応じた治療を行います。多くは数日のうちに治ります。まれに脳炎を合併します。 水疱を生じる別の疾患と鑑別することが大切です。

水痘(みずぼうそう)

水痘-帯状疱疹ウイルスの初感染による感染症です。空気感染するので、流行る時はあっという間に流行ります。みずぶくれが全身に出て、熱も出る疾患ですが、みずぶくれは、頭皮や顔から出始めることが多いです。 バラシクロビルという抗ウイルス剤内服が効きます。治療をしなくても治るのですが、まれに重症化します。全部の皮疹がかさぶたになるまで、学校などはお休みです。 現在は、公費による予防接種があります。

伝染性紅斑(りんご病)

ヒトパルボウイルスB19による感染症です。両頬の平手打ち様の紅斑と四肢伸側に生じる網状紅斑が特徴です。頬がりんごのように赤くなることから、よくりんご病と呼ばれます。 症状としては、最初に風邪のような症状が出て、しばらくすると両頬が赤くなり、その後、腕や太ももにレース模様のような紅斑がでます。わりと元気に過ごすことが多いです。特効薬はありません。 紅斑が出現したときには、ウイルスの排出はほぼおさまっているので、診断後に学校などを欠席する必要はありません。 (妊婦さんに感染すると、胎児水腫を生じることがあり、流産・死産の原因となります。妊娠希望のお母さんは注意してください。)


WEB予約はこちら