TOPへ

中波紫外線療法
ultraviolet B rad.

中波紫外線療法

皮膚疾患の治療には、外用薬や内服薬のほかに紫外線による方法があります。
紫外線は皮膚に悪いと思っていませんか?確かに日常的に浴びる紫外線は皮膚にとって悪い面の方が大きいです。(老化や発がんなど。)
しかし、紫外線による免疫抑制という働きのみを上手に取り出すと過剰な免疫反応による炎症性疾患をコントロールすることができます。
中波長紫外線は、角層~表皮には届くものの、真皮には届きにくく紫外線の中でも治療には適した波長です。



当院で導入している中波紫外線療法

当院で導入している中波紫外線療法は中波長紫外線の中でも308nm(ナノメートル)の波長をもつ紫外線だけを照射する最新の紫外線治療です。308nmの波長は、これまでの中波紫外線治療器が採用している波長よりも治療効果が高く、しかも体への悪い影響が少ない安全な紫外線です。
中波紫外線療法は、尋常性乾癬や尋常性白斑、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症などに有効です。(円形脱毛症のみの場合は、保険適応とならず、自費診療となります。)
この治療に痛みは無く、当日から入浴できます。 当日から翌日にかけて、照射部が赤くなったりひりひりしたりすることがあります。その場合、次の照射時に伝えてください。